2007年 02月 06日 ( 1 )

 

にっちもさっちもいきません、そして意外なところであるお方が・・・

「実機が3台しかないのに、5人でテストって無理じゃない?」

(#゚Д゚)<そんなんスケジュール立てる時に気付や!

ついでにもう一言
(#゚Д゚)<開発環境の文字コードは確認しろと何度言ったら・・・

同期がアップしたソースファイル、文字化けしてやんの・・・・OTL

うちらの仕事は、開発の関係上、いろんなOS上で動くものを作ってます。
かたや、LINUXだったり、UNIXだったり、云々かんぬん・・・
(といっても、ソースを書く時はWINDOWS上ですが。。。)

で、大概、作業としては
WINDOWS上のテキストエディタでソースコード書いて、
開発用サーバにアップして、
コンパイルして~~なんですが、

開発環境(動かす機械)がUNIXとかだと注意点が一つ
WINDOWSだと「Shift-JIS」という文字コード使ってるんですが
UNIXだと「EUC」っていう文字コードなんですよね。
※文字コードというのは、コンピュータが文字(アルファベットやカナ・漢字)を使う上で
 「xxxx番は〇〇という字」みたいに割り振るルールみたいな物
 
メモ帳とか使ってコード書くとWINなんで当然「Shift-JIS」になるわけで
(そんな人いるのか?めっちゃ不便だよ・・・)
テキストエディタでも設定によっては「Shift-JIS」で書かれる。
しかし、UNIX上では「EUC」なので、あらまびっくり、文字化けを起こす。
何書いてんだかわからねぇw
(アップ時に使うFTPソフトの設定によっても発生するけどね)

そして、そんな初歩的ミスを私の同期はしてくれやがりましたw
しかも、ソースファイルぶっ壊すだけならイザ知らず、
(バックアップは私が持っていたので、速攻復旧しましたが・・・)
挙句の果てに、プログラムコーディング時に流用した、
私のソース部分にケチ付けてました・・・

「ここの処理、さっきまで動いてたんだけど、再コンパイルしたら動かなくなった。(同期)」
「うーん?ここ、テスト済みだよ??つーか今まさに同じところ動かしてるけど
 ばっちり動いてたし(私)」
「でも、ここの処理、初期化とかおかしいし(同期)」
「・・・(まんま同じ処理を丸ごと使ってるわけではないから、そこまでは保障しないよ)
(私:心の声)」
「チョット待って、確認する(私)」
・・・
・・・・・・(サーバのファイル確認中)
「はい、原因わかった(私)」
(#゚Д゚)<ただの文字化けじゃん!

私の画面上には見るも無残な状態のファイルが表示されてました・・・
中身はもぅ、「これ、何語?」といわんばかりの状態w

彼は、サーバー上のファイルは確認してなかったご様子・・・(#--)
何回このやり取り、繰り返してんだ、私は・・・OTL

文字コード繋がりでもうひとつ
まぁ、仕事の関係上、文字コード調べてたら
「Shift-JIS」の記述に、大河Gのあるお方の名前がババーンと載ってました。

【ヒント】
Wikipediaで「Shift-JIS」の項目
2バイト目に0x5Cを持つ文字

( ゚Д゚)<こんな所にまで影響力があるとわっ!
[PR]

  by gao_Bst | 2007-02-06 23:51 | 技術関連

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE